読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小鳥遊ゆうのブログ

現役大学生のひとりごと

新撰組

  こんにちは。

  最近ネットの無料マンガサービスで『風光る渡辺多恵子著を発見しました。

  かつて新撰組にハマっていた私は全巻揃えるぞ‼︎と意気込んで20巻くらいまで買っていました。バレンタインのお返しに風光るの古本を数冊プレゼントしてもらったこともあります 笑。

  でも、一番読みたかった沖田さん喀血シーンは残念ながら読めていません…。いつか読みたいのですが。

  今はもう手放してしまいましたが、懐かしくてつい無料なので入手してみました。1巻から3巻までしか無料ではないので3巻までですが 汗。

  新撰組、今でも好きです。


  以前は新撰組のゆかりの地を見て回りたくて京都に足繁く通っていました。

  壬生寺に八木邸、西本願寺。霊山歴史館という新撰組坂本龍馬専門の博物館にも行きました。

  壬生寺は普通の小さなお寺ですが、ここに沖田さんがいたのか、と思うと感慨深いです。私は沖田総司の大ファンでした‼︎

  八木邸は中にも入れて、本物の刀傷が見学できます。芹沢さん暗殺のときのかなぁ、などなど、妄想が膨らみます。

  当時はかの有名な池田屋が、記念碑しかない上に、記念碑の背後にパチンコ屋さんがあってショックだったのですが、今は池田屋という名前で居酒屋があるそうです。刀のレプリカも飾ってあるそうで、機会があれば行ってみたいです。

  池田屋跡地でお酒を愉しむなんて最高じゃないですか。ファンとしてはぜひ行きたいです。

  

  京都以外にも新撰組ゆかりの地は日野と函館にあり、そちらはまだ一度も行ったことがありません。

  日野にも新撰組記念館があるらしいのでいつかいってみたいですね。

  あと、函館の五稜郭。この辺りだともう新撰組ではなくなっていますが、おまけに滅んじゃうのですが、やっぱり興味ありますね。

 

  新撰組の本は本当にたくさん読みましたが、やっぱり司馬遼太郎の『燃えよ剣』、あれは秀逸です。

  土方さんが主役で描かれているのですが、隊士が本当にイキイキと描かれていて、臨場感あふれています。

  司馬遼太郎さんの脚色もかなりあるそうですが、歴史が特に好きではなくても楽しめる一冊です。

  おすすめです‼︎